”オフィス文殊”がお手伝いできること。  

離婚(親権・慰謝料・養育費)の協議、遺産分割協議、販売促進・企業リポート作成・自営業の法人化まで、街角目線の法律と経営の専門家が 親身にご相談に乗り、お悩み解消の お手伝いをします。
お年寄りや主婦や学生、自営業や中小 企業経営の皆さん。
お金も時間もかかり 心身ともに大変な裁判なんかに頼るより、気軽に”文殊”無料相談を。


~新着~What’s New~新着~What’s New~

★2022.11.26
 「丹羽家の人々」
 第48回公開しました(^^♪

第三回目期日、本間智恵子が裁判所に出頭した。ついに、和馬との直接対面が実現するのだろうか。

★2022.11.19
 「丹羽家の人々」
 第47回公開しました(^^♪

丹羽兄弟とは幼なじみの由紀夫は、娘の絵里に、この不可解な出来事の裏には丹羽家先代登史郎と長男英世との知られざる確執があったことを語る。

★2022.11.12
 「丹羽家の人々」
 第46回公開しました(^^♪

丹羽家長男の英世が若くして家を出たのは音楽のためではなかった。実は、先代である父・登史郎に追放されたも同然なのだという秘められた事実‥‥

★2022.11.5
 「丹羽家の人々」
 第45回公開しました(^^♪

ついに、丹羽和馬と本間智恵子が直接対面することが決まった夜、島津由紀夫は思い出している。和馬の兄・英世が亡くなる直前に語った意外な事実とは?

★2022.10.29
 「丹羽家の人々」
 第44回公開しました(^^♪

智恵子の和馬に対する不審の念は深まるばかり。一方、由紀夫は絵莉に英世との最後の会話を語り始める

★2022.10.22
 「丹羽家の人々」
 第43回公開しました(^^♪

運命の人丹羽和馬は、実は和馬ではなくその兄だった? 激しく戸惑う本間智恵子は懸命に20年前の記憶を辿る。

★2022.10.15
 「丹羽家の人々」
 第42回公開しました(^^♪

★2022.10.8
 「丹羽家の人々」
 第41回公開しました(^^♪

★2022.10.1
 「丹羽家の人々」
 第40回公開しました(^^♪

★2022.9.24
 「丹羽家の人々」
 第39回公開しました(^^♪

★2022.9.17
 「丹羽家の人々」
 第38回公開しました(^^♪

★2022.9.10
 「丹羽家の人々」
 第37回公開しました(^^♪

★2022.9.3
 「丹羽家の人々」
 第36回公開しました(^^♪

★2022.8.27
 「丹羽家の人々」
 第35回公開しました(^^♪

★2022.8.20
 「丹羽家の人々」
 第34回公開しました(^^♪

★2022.8.13
 「丹羽家の人々」
 第33回公開しました(^^♪

★2022.8.6
 「丹羽家の人々」
 第32回公開しました(^^♪

★2022.7.30
 「丹羽家の人々」
 第31回公開しました(^^♪

★2022.7.23
 「丹羽家の人々」
 第30回公開しました(^^♪

★2022.7.16
 「丹羽家の人々」
 第29回公開しました(^^♪

★2022.7.9
 「丹羽家の人々」
 第28回公開しました(^^♪

★2022.7.2
 「丹羽家の人々」
 第27回公開しました(^^♪

★2022.6.25
 「丹羽家の人々」
 第26回公開しました(^^♪

★2022.6.18
 「丹羽家の人々」
 第25回公開しました(^^♪

★2022.6.11
 「丹羽家の人々」
 第24回公開しました(^^♪

★2022.6.4
 「丹羽家の人々」
 第23回公開しました(^^♪

★2022.6.1
 「丹羽家の人々」の原案短編小説
  掲載の書籍が有斐閣から出版!!
https://www.amazon.co.jp/dp/4641138818/


「文殊」って?  3者の知恵でお悩み解決!

私たちは、メディアやビジネスの世界で長く仕事をしてきました。 BED3C1FC1A4CEA5B3A5D4A1BCその間に積み重ねてきた豊富な社会経験に加えて、法律と経営の高度な知識能力を合わせ持つ専門家集団です。 そんな私たちと、家庭やお店の悩んだり困ったりしている方々とが出会える場。それが「オフィス文殊」です。 「3人寄れば文殊の知恵」と言います。 BBCDCAFDBED3C1FCupCDD1悩み事というのは、たいていは、あなたと相手方との間で発生します。 もっとも、その相手方は、「問題」や「トラブル」など必ずしも人間とは限りませんが。 その当事者のお2人に私たち専門家が加わって、3者が知恵を出し合ってお悩み解決のお手伝いをする。それが「オフィス文殊」の基本理念です。

  ”文殊”はこう考えます。  

il-bykyon消費者契約・遺産相続・離婚・敷金返還……。

私たちの日常生活では、いつ何時、困ったり迷ったりする出来事が起こるか知れません。そんな時、法律を知っているかどうかで大違い。私たちは、ついつい法律は難しそうだからと敬遠しがちだけど、実は、一般庶民にとって法律ほど力強い味方はないんです。なぜなら、警察であろうが暴力団であろうが、たとえどんなに強くて恐い相手でも、法律は誰に対しても平等だから。平等ということは、結局弱い方に力を加えて、強い方の力を減らしてくれるということです。法律の前では、どんなにお金や権力がある人でも、力ずくで一方的にねじ伏せることは絶対に出来ません。それが法治国家というものなんです。

そう、日常生活で、本当に頼りになるのは法律なのです。日常生活で起こりがちなこんなことあんなこと、そんな時に法律はどう味方になってくれるのか。実例をもとに、さまざまな事例をご紹介します。 日常生活には、ちょっとしたトラブルがそこらじゅうに転がっています。貸し借りとか、言った言わないとか、敷金返還とか、訪問販売とか電話勧誘とか……。 でも、トラブルに対して、人はついつい自分の都合のいい方に考えがち。ということは、相手も当然、自分の都合のいい方に考えているということになります。となると、お互いの主張が対立するのは当たり前のことです。そこで必要になるのが、どちらにも肩入れしない、完全中立公平で客観的な物差し  そうです。その物差しこそが「法律」なのです。

「三人寄れば文殊の知恵」……オフィス文殊は、あなたと相手方との間に入って、その物差しを上手に使うことで三者が知恵を出し合って解決への道すじをつけていきたいと考えています。 cooBBD2-thumbnail2

コメント大歓迎です☆